開脚のすゝめ

やる気スイッチを入れるには!

《藤原ヒロシ プロデューサー・テレビ出演記念キャンペーン》のお知らせ

開脚のすゝめ   小嶋冴子です。

 

*今回は開脚インストラクターとして

 

 


この度、開脚システムの産みの親
美構造®︎プロデューサーの藤原ヒロシ


7月26日 19:58〜20:54
全国テレビ東京系列
主治医が見つかる診療所:テレビ東京

 

に出演いたします。

 

 


からだが簡単に変わってしまう魔法

動けるからだになる魔法


前屈も、開脚も、あっという間に出来ちゃう。

 

 


今回の放送を記念いたしまして


・前屈マジック体験+姿勢調整
・開脚セッション


以上2コースの
藤原ヒロシプロデューサー・テレビ出演記念キャンペーン》を
実施いたします。


以前より開脚システムが気になっていたあなた
お得に体験出来るチャンスです!

 

 

キャンペーンの詳しい内容は
放送終了後にお知らせいたしますので
ご期待下さい (*^_^*)

浮き指でからだが不調に⁉︎

開脚のすゝめ   小嶋冴子です。

 

今回は、開脚インストラクターとして

 

 


7月18日に放送された
10万人調査で判明!腰痛・ひざ痛 劇的改善のカギは足形にあり!? - NHK ガッテン!

 

浮き指って何?
 

「浮き指」とは直立した時に足の指に体重がかからず、浮いてしまっている状態のこと。

桜美林大学の阿久根英昭先生が10万人以上の日本人の足形を取って調査した結果

足の指が1本以上浮いている人は、男性の6割、女性の8割にも上るといいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この、浮き指の状態を

『浮き足立っている』といいます。

 

f:id:moonribar:20180718211847j:image

 


浮き指の足で歩いていると

f:id:moonribar:20180718211942j:image
f:id:moonribar:20180718211952j:image

からだがバランスを取ろうとして…

f:id:moonribar:20180718212001j:image


からだの色々なところに
痛みや凝りなどの変調をきたすんですね!


ゲストの方も、浮き指!

f:id:moonribar:20180718212201j:image

 

 


浮き指だった笠原さん
2か月の体操で改善!

f:id:moonribar:20180718212212j:image
指がきちんとと地面に着くことを
『地に足が着く』といいます。

 

 


しかし、コレ


美構造®︎を使って調整すると
チョチョイのチョイで
1分もあれば浮き指ではなくなります(=゚ω゚)ノ

 

 

 


美構造®︎では
姿勢をからだ本来の姿勢構造に戻すため
・後ろ重心も
・足の指の使い方も
・骨盤の歪みも
整っていきます。


しかも、あっという間に!


2か月も体操をしなくても、いいんです。
するなら
まずは姿勢を整えてから、して下さい。
体操の効果を余すところなく得られます(*^_^*)

そして、靴を選ぶ。
そうしたら、万全です!

 

 


一瞬でからだを変えてしまう
藤原ヒロシ プロデューサーが考え出した美構造®︎
その威力を体験してみて下さい!

 

 


①まずは、きちんと整えちゃう!
②そして、ケアする

 

 


姿勢を調整するなら↓↓↓


・前屈マジック体験+姿勢調整

*本当に『立つ』という感覚に出会う!

 


・開脚セッション

*一発で変化を感じられる、最強の骨盤調整

*姿勢調整をしっかり定着させるには、コレ!

 

 

 

浮き指を改善して、不調を吹っ飛ばそう!

ご予約はこちらから↓↓↓

Vivid-Brights-Spring

 

 

 

 

 

初めて保育園に子どもを預けるお母さんへ 【子どもの発熱】

開脚のすゝめ   小嶋冴子です。

 

*今回は 現役保育士として

 

初めて
仕事に復帰したり
新しく仕事を始めることになって
保育園に子どもを預けられるようになったお母さんへ


保育園でお子さんを生活させることで、色々知っておくと良いだろうと思う色々を記していきます。

 

 

【子どもの発熱】

f:id:moonribar:20180707222747j:image
やっと保育園が決まって仕事が始められる〜!
と、希望に満ちているお母さん


そんなお母さんたちが安心して働けるように
精一杯 支えるのがわたしたち保育士の役目です。


しかし


初めて預ける1年目
【子どもの発熱】
という試練を避けて通れるお子さんは
そんなに多くないことを心に留めておいて下さい。


保育士として仕事をしていて
だいたい、入園1年目のお子さんは
頻繁に発熱でのお呼び出しをせざるを得ない実状があります。


わたしが勤めている保育園は0・1・2歳児の園です。


0歳児クラスでは、本当に良く発熱で職場に電話をすることがあります。
毎日のように電話をかけてしまって、こちらも申し訳ない気持ちでいっぱいになることもあります。
わたしも、保育士ではありますが母親でもあり、もちろん仕事もしているので、色々な思いが渦巻きます。

 


しかし
保育園側も、お子さんのことを思って
そして、お母さんのためにもお電話をしています。

 


保育園では
健康なお子さんをお預かりすることが前提です。


急にとっても高い熱が出たり


何となく微熱だけど
園の基準の熱よりも高くなる
そんなことが続いたり…


熱があるということは
何かしらの理由で
お子さんの体調は万全ではないのです。

 

 


わたしたち大人でさえ、会社なり学校なりの集団の中での生活は疲れますよね?
体力的にも未熟な子どもは、なおさら疲れます。
毎日保育園で生活をしなければならなくて、子どもたちに負担がかかっているのは事実です。


そんな、体力が低下している時に、無理は避けることをおすすめします。


《1つ目の理由》
保育園は集団生活です。
通年を通して誰かしらに咳や鼻水の症状が見られます。
特に0歳児に近ければ近いほど
おもちゃでもなんでも口に入れて
いたる所によだれがついています。


どんなに消毒液で掃除をしても
イタチごっこ状態です。


なので、病原菌やウイルスに感染しやすいのです。
これは、わたしたち保育士でさえ感染することがありますし
新卒の1年目の保育士は洗礼を受けたかのように体調を崩します。


体力が低下していると、病原菌やウイルスに感染しやすくなります。
無理をして登園し、感染することで
結果 子どもが症状をこじらせて
仕事を長期に渡って休まざるを得なくなるお母さんを何人も見てきました。


http://dual.nikkei.co.jp/article/049/56/?ST=mobile

0歳では平均2.52日休園。3歳になると休園日数が減っていく

 

 

《2つ目の理由》
発熱の連絡を受けて家に連れて帰ると
熱が下がって、いつも通り元気。
次の日の朝も平熱。
でも、また発熱の連絡が入る…。


こんなことが続いてしまうお子さんもたくさんいます。
これは はっきり言って、お母さんも保育士も困ります。
連日のように電話を入れなければならない保育士のストレスも、かなりのものです。


しかし
大人でさえ、新しい職場で新しい仕事を覚え、人間関係を築くために気を遣い…
想像しただけで疲れてしまう、新しい環境に
何もわからず、理由もわからない子どもが
ストレスなく過ごせるはずがないと思うのです。


大好きなお母さんがどこかに行ってしまって
知らない人がたくさんいて
みんなで行動させられて
子どもは不安がいっぱいです。


特に1・2歳児は、理由は分からないけれど、お母さんがいないという状況は分かるので、大泣きする子がたくさんいます。


・精神的に不安定になること
・泣いて疲れること


主にはそんな理由で発熱している様子が見て取れます。
夕方になると決まって発熱する子もいるくらいです。まるでお家に帰りたがっての自家中毒かと思うほどです。
でも、それくらい、小さいからだで頑張っているんです。


そこから、本当に体調を崩していく子もいます。
そうして、やっぱり、お母さんが仕事を長く休まざるを得ないことになったりします。


子供が疲れて熱が出る原因とは?主な2つの可能性! | 健康の気になるあれこれ

 

 

もちろんお父さんとも良く話し合って、夫婦で協力していきたいところです。

そして
こういう事実・実態を知っておくことで
こういうことも踏まえて、職場と相談をして
・休みが続いてしまうこともあるかもしれない
・早退が続いてしまうこともあるかもしれない
仕事をする態勢を整えておくことをおすすめします。

 

 


多くのお母さんが抱えるジレンマだと思います。
今の日本は、小さい子のいるお母さんが働きやすい環境ではないと思います。
けれど、仕事が始まる前に職場と相談し、そういうことを毅然とした態度で整えることも大切です。言わなければ伝わりません。
それは、お母さんの頑張りどころ!


「体調が悪そうだな」と思ったら、大事を取ってお母さんも子どももお家でゆっくりで出来る余裕があるといいですね(*^_^*)
そういう子は、すぐ元気になって登園してきています。
そして2年目になると、去年は何だったの?と思うくらい、体調を崩さずに登園出来るようになりますよ!
大変なのは、1年目だけ!


いろんなことが本当に大変だと思いますが、色々と腹をくくって頑張りましょう!

 

2018年 25~44歳の子育てと仕事の両立 | 調査研究・レポート | 明治安田生活福祉研究所

 

そういう覚悟を決めたお母さんを
保育士は全力でサポートしたいと思います。

 


頑張れ!働くお母さん!!

 

 

 

開脚保育士・マスターインストラクター

 開脚保育士・マスターインストラクター

小嶋冴子です。

 

保育と開脚、全然関係ないようですが、

保育で育むことは『生きる力』

開脚で育むことは『自分らしさ』

f:id:moonribar:20180707222847j:image

 

 

子どもも大人も 生きる力が、自分らしさを生み出します。

無邪気な子どもは、生き生きとして自分らしく輝いていますよね。

f:id:moonribar:20180707222821j:image

 

わたし自身が、開脚と出会って 1日で開脚が出来るようになって、自分らしく生きるということを実感出来るようになりました。

開脚と人生がつながる不思議。

開脚って面白い。

 

動けるからだになる魔法を知る

 

子どもにも大人にも、

より良く生きるためのアプローチをして

より良く整えていく

 

それが開脚保育士のお仕事です。

 

 

 

6月・7月のお知らせ

開脚のすゝめ   小嶋冴子です。

6月・7月の予定をお知らせいたします。

 

からだを整えてジメジメの梅雨を乗り切ろう!

 

予約はこちらから→動けるからだになる魔法

 

f:id:moonribar:20180610233719j:image

より、良くなる

開脚のすゝめ   小嶋 冴子です。

 

今日は開脚インストラクターとして

 

 


今、どんなことを思って
目の前のことを頑張っていますか?


将来のことを考えて。
明日のことを考えて。
自分のことを考えて。
家族のことを考えて。


なんで頑張っているんですか?


より、良くするため。


ですよね。

 

 


今より、良くなるために。

 

 


良くないところをなおす…でも
今よりさらに上を目指して…でも


どちらでも
いつも高みを目指しているあなたは
すごい!

 


わたしは


今よりさらに上を目指して!
悪くしないために!


が好きです。

 


こんなにいつも
頑張って高みを目指しているなんて
自分て健気な頑張り屋さんだなぁ…(´;ω;`)
偉いなぁ、自分…(´;ω;`)
いつもこう思ってる。
頑張ってて、そりゃ疲れるわ…。


↑今、気づいたこと(╹◡╹)

 

 


頑張って努力するのはいいことですが、
毎日、継続して何かをする…って大変ですよね。


例えばからだ。

 


先日、舘ひろしさんをテレビで拝見して


スッと伸びた背中に
スーツのポケットに手を入れて
楽屋でトーストについて熱く語る


そんな68歳が、カッコいい!と思いました。

 


この人、きっと
背中が丸まる70代80代を過ごすことは
ないんだろうな。と。

 

f:id:moonribar:20180606235133j:image

 

 

 

 

ちゃんとからだの使い方と
整え方を知っていたら


毎日トレーニング とか
常に背中を伸ばす意識 とか
そんなことを必要とせずに


スッと伸びた背中の
人生後半を過ごせるはず。

 


からだの使い方と
整え方を知っていたら


痛みや不調や老いとも
戦ったり抵抗したりせずに

渡り合える はず。

 


 より、良くなる。


より、良くできる。


悪くしない。

 


と、いうこと。

 

 

 


『動けるからだの魔法を知る』

 

 


いつまでも動けるからだで
いつまでも元気に動けたら


どんな気分の自分がいるんだろうなぁ。

 

f:id:moonribar:20180606235153j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

エリック・カールに挑戦!

開脚のすゝめ  小嶋冴子です。

 

今日は保育士として。

 


絵本『はらぺこあおむし』で有名な
エリック・カールさん。


独特なタッチの挿絵が素敵です。

 


エリック・カールさんの
『月ようびは なにたべる?』

https://www.amazon.co.jp/月ようびはなにたべる-―アメリカのわらべうた-エリック-カール/dp/4033276009
を、パネルシアターに起こしています。

 


このサルを

f:id:moonribar:20180604232553j:image
こうする

f:id:moonribar:20180604232604j:image


もう…
絵の具で塗って出来る表現ではなかった…
_:(´ཀ`」 ∠):


「描けばいいんでしょ?やりま〜す!」
っていう感じではなかった…
_:(´ཀ`」 ∠):

 


模様を描いた紙を
切り貼りしている エリック・カール


絵の具だけでは厳しい…
しかし、やる!

 


サルの、ボディ

f:id:moonribar:20180604232553j:image

ベースを塗って、乾かして

f:id:moonribar:20180604232604j:image


色を重ねて
引っ掻く。わたしは爪で。
こげ茶を少し濃度を濃くして塗ると、
しっかり線が出る。


水分を多くして塗ると、
引っ掻いたところに絵の具がしみこんで
引っ掻いた線に 色が入る。

 


絶妙なカスレのところは
ティッシュでおさえるといいカスレになる
けれど!
ひと押しずつ新しい面でおさえないと
周りに色がついてしまうので要注意。


そして、水分を極限までなくした
カサカサにした筆でもいけました。
なるべく絵の具は水を加えずに原液のままで。
筆が痛むので、そこはほどほどに。

 


ぼかしは指でたたいて。

 

 


時間はかかるけれど
絵の具でも出来る!

 


ペリカン

f:id:moonribar:20180604232654j:image
ネコ

f:id:moonribar:20180604232704j:image
このハリネズミのハリなんて…

f:id:moonribar:20180604232717j:image
もはや再現不可能。
ここばかりは諦めて
筆で普通に線を書きましたとさ。

 


今日は月ようび、月ようびに何たべる〜?♪